求人雑誌の利点とは

求人を探すにあたって、どのような方法で探していますか。折込広告、インターネット、職業安定所などで多くの求人を探せることが出来ます。最近では、新聞の一部の欄や、地域別の週刊雑誌などに、求人が記載されているものもあります。最近ではコンビニや最寄りの駅に置かれている「求人雑誌」をよく見かけたりしませんか。これらの求人雑誌は、各地域別に求人を載せていることが主にあり、実際に職業安定所に行かなくても最寄りの駅や、自分が住んでいる地域の求人を簡単に探せることも利点の一つです。以前は有料で求人雑誌が売られていたことが始まりです。現在は本屋、書店、駅の売店、コンビニで多く取り扱っており、大体200円前後で販売されているものもあります。しかし最近では「フリーペーパー」という紙が知られるようになってからは、無料の求人雑誌が徐々に増えていき、近年では全国的にこのフリーペーパーが流行っており、大変人気だそうです。この求人雑誌は、駅周辺に置かれているもののほとんどが、無料で自由に閲覧することも出来、職業別や種類によって記載されているものがほとんどです。大変見やすく、分かりやすいように解説、説明されており、それぞれの企業が細かく記載されていることにより目に入りやすいです。就職活動の空いた時間や休憩時間を利用して自由に見たり、確認したり、手軽に立ち読み出来ることも利点の大きな特徴です。また履歴書が一緒に付いているものもあるので活用されても良いかと思います。

求人もしその求人雑誌に自分に合った求人がなければ処理するか、持って帰ってもう一度じっくり見るか、あるいはもとの位置に戻すことも出来ます。いらなくなった雑誌を持って帰ると、かえってかさばったり、ちょっとした荷物になりますが、駅構内ではこういった雑誌専用のごみ箱があるので大変便利ですのでそこで処理されてもいいかと思います。雑誌の内容としては、履歴書の書き方、面接での服装、採用になった人の体験談、先輩などによる仕事に対しての情熱、思いなどが載っていることもあり就職活動では大いに参考に出来るので限られた職ではなく、業界の勉強、社会性、地域性などを知ることはもちろん、それらを活かし常に向上が持てるように今後の就職活動にも役立てることも出来るのです。アルバイトと正社員の雑誌で発行される時期も異なっており、アルバイト誌の発行は週に2、3回程度、正社員の場合は週1から月に1回の月刊制になっているので、決まった日程に出版されることで迷うことなく閲覧できることも利点です。しかしこういった求人が多く集まる中、募集したい求人があったけど、なかなか受けられなかったことも現状です。それは人気の企業や職種は次々と応募したい人が積極的に動いていることにより、すぐ求人が取りやめになることもあるからです。また職業安定所で紹介されないので、各自が積極的に連絡し行動し対応しなければならないため、時間に余裕がなくなることも事実です。自分に合った職が見つかるかとは思いますが、まずは自ら自分自身がどれだけ積極的に動くかで採否が決まるのではないでしょうか。求人を探すにあたって、まずは時間を有効に使い、求人雑誌を見逃すことなく一つずつ探していくことで、きっとこれからの自分に合った求人が見つかると思います。無料でなおかつ具体的に記載されている求人雑誌。就職の際、一度は目を通して参考にされてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ

BOOKMARK